女性10背中ニキビができるとなかなか治らなかったり跡が残って厄介です。
そこで、背中ニキビを作らせないための予防方法について解説します。
背中ニキビが出来る原因は、顔ニキビと同じく皮脂や汚れが毛穴に詰まって雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまうからです。
背中は体の中でも汗をかきやすい場所で汚れが溜まりやすいので、汗をかいたらこまめに清潔なタオルで拭くようにしたり衣服を着替えたりしましょう。
そして、毎日入浴して清潔を心がける事が大切です。
背中を洗う時はゴシゴシと強くこする事はせずに優しく洗いましょう。
入浴の時に気を付ける事は、石鹸やシャンプーをきちんと洗い流して背中に残らないようにする事です。
洗い残しがあると背中ニキビの原因となってしまうからです。
洗う順番を頭、顔、身体という風にすれば、洗い残しも少なくなる事でしょう。
入浴後に忘れがちなのは背中の保湿です。
乾燥は背中ニキビの原因となってしまうので、予防のため専用のローションなどで背中の保湿をするようにしましょう。
保湿成分の入った入浴剤を使う事も、簡単に背中の保湿ができ効果的でしょう。
入浴後眠る時のパジャマや寝具も清潔なものを使うようにしましょう。
睡眠を十分取る事はもちろん、食生活は糖質や脂質の摂り過ぎに気を付けビタミン類を摂るようにしましょう。
また、ストレスを溜めないようにする事も大切です。