食事と女性人により睡眠に対する満足度は違います。生活環境が人により異なる事、考え方や体調、年齢なども違うので睡眠に対しても環境の違いがあるのは普通の事です。眠る時間が長くても短くてもその人なりに十分で快適だったら良いことで、何時間眠らなければならないと決める必要はありません。ぐっすり眠れると元気になります。眠る前は、寝不足で疲れきっていたり、悩みがある時や風邪をひいている時もたっぷり眠ることで、このような症状が取れて体が楽になります。眠ると、脳や体の疲労を回復してくれるからです。子どもの成長にかかせない成長ホルモンを分泌し、病気を防ぐための免疫をつくるなど、生きていくために重要な役割をたくさんしています。このように良質な睡眠をとる事はとても重要なのだすが、そのために出来る事をする必要があります。規則正しい生活をする事、何もしないで一日を過ごすのではなく運動や勉強、仕事などで適度に疲れる事、寝室の寝具の環境を整えるなどをすると良い眠りに役立ちます。眠る事の妨げとなるような、眠る前のテレビやインターネットの鑑賞や、お酒の飲み過ぎや過度なストレス、布団などの眠る環境が、悪いと眠りが不安定になるので注意が必要です。